Rotts Blog

はいさい!ロッツ広報hiroです!

 

今回はカットのこだわりについて想いを吐き出したいと思います!

皆さん今までいろいろなサロンへ行かれたと思います

カットが気に入って通っているという方も多いのではないでしょうか?

 

美容室(美容師)と言えばヘアカットの技術が信頼のはかり?なのでは?ないかと 僕は感じます!

自分が美容室に通っていたときは ヘアカットで色々な想いをしました! すごく良かった事や 何だこりゃ? ってなったり 新しい発見があったり 気分が変わったり 様々な想いを経験しました!

 

髪を切る行為は いつから始まったんだろう? なんで髪を切るんだろう? 考えた事ありますか?

昔は神聖な意味があり 髪に悪いものがつき それを落とすなど 今のヘアカットとは意味合いが全然違いました

 

今はファッション性と実用性 気分転換 などではないかと思います!

ヘアカットに置ける技術も新しい技術が様々出てきました! レザーに始まりプラントカット セニング(すく事)スライドカット エフェクトカット チョップカット 中国辺りに ハサミを3本もって同時に切るみたいな 神業も…

 

カットの技法は増えました 髪質も パーマやカラーやストレートやトリートメントで 改善できるようになりました!

 

お客様が沢山の中から選べるようになりました! 昔ではできなかったヘアスタイルができるようになりました!

先陣の美容師さんに感謝です! お客様がヘアスタイルで楽しむ事ができるようになりました

 

ヘアスタイルでその方の人生を明るくしたい笑顔がみたい! という理由から

Rottsは ドライカット を推していきます!

ドライカットは 髪を濡らさずにヘアスタイルを作ります!

 

それはなぜか? どんな方法にも メリットデメリットがあるかと思います

 

いい所をあげるとすれば

癖をみながらカットできる

(濡らして綺麗にとかしてカットすると 乾かした後に押さえられていた癖が出てスタイルが崩れたり長さが変わる事も)

広がりをみながらカットできる

(上と同様 濡れていれば収まってしまいます 乾かしたらボーンなんて…)

質感をみながらカットできる

(乾かしたら パサパサ〜ってなったり)

お客様が安心 仕上がりのイメージとギャップが無いため

(濡らした状態で スタイルの確認を美容師がしても お客様はイメージがわいていない)

毛流をみながらカットできる

(約6割の日本人に癖があり 癖とは別に 毛流れ!が反時計回りに渦を巻いています その渦が厄介です!

今から目の貴方にある現象を言い当てます!

 

 

 

 

 

 

 

 

そこの貴方!鏡を見て右側がはねているでしょう!!!どーん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレにはちゃんと理由があるので 貴方のスタイリングのせいではないですよ!)

 

すいません

そして

スピーディー

(濡らしてカットして 仕上げにブローして チェックカットの二度手間が軽減)

などなど

 

まだまだ細かくはもっとありますが!

 

ドライの良さ少しだけでも伝わりましたか?

自分が作り込んだその場だけのヘアスタイルがあまり好きではなく

 

ナチュラルなテイストのヘアスタイルが好きです

 

 

例えば

風でなびいたときの毛先や 太陽にあったときの透き通る透明感のある色や ナチュラルなくせ毛風なカールそして伸びてきたときの馴染んだ感じなど

 

 

それを作るにはドライカットが向いていると思います! 沖縄は風強いからねっ!

 

色々ぼやきましたが

ヘアスタイルは 10人いれば10通りあると僕は考えています

色々な髪質や骨格を考えてカットすることは非常に楽しい事でもあります!

 

Rottsは お客様の髪のお悩みを通して生涯のおつきあいができれば うれしく思いますので

何なりとお申し付けくださいね!

 

今回もご拝読お付き合いありがとうございました!

 

 

※あっドライカットだけじゃなく

濡らして切る場合が無い訳ではないのでその辺りは時と場合と髪の状態とヘアスタイルで判断しますのでよろしくお願い致します!

もちろんそちらも得意ですよ〜♫

 

ではまた お会いしましょうね〜 hiro♫

 

 

 

 

 

トップへ戻る